マットレス 引越し

マットレスを格安で運ぶ方法

マットレス 引越し

マットレス 引っ越し

マットレス 配送

マットレス 郵送

マットレス 送る

 

大きなベッドのマットレス、どうやって運ぼうか迷っていませんか?

 

ベッドは分解して運ぶことが出来ますが、マットレスは小さくすることができません。
マイカーで運ぶのは難しいですね。

 

実は、引越し業者はマットレスだけでも運んでくれます。
引越しには何かとお金がかかりますので、できるだけ安くしたいですよね。

 

引越し業者を決めるなら、一括見積もりが簡単なのでオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

1度の情報入力で、複数の引越し業者からの見積もりを取ることができます。
同じ条件なのに、料金がそんなに違うのかと思われるかもしれませんが、かなり違うので是非ご利用下さい。

 

いろいろな業者を比較することで、お得に引越しできますよ!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しと繁忙期

 

引越しの時期と費用

 

引越し業者には繁忙期があります。
3月が1年で一番引越し件数が多い繁忙期となります。

 

3月に引越し件数が多くなる理由は、新大学生・新社会人が4月の新学期から新しい環境に旅立つためです。
さらに春の人事異動によって転勤の辞令が出たサラリーマンやその家族の引越しも重なります。

 

これだけ多くの人が一斉に動くわけですから、引越し業者はそれはもう大忙しです。

 

もちろん引越し業者も手をこまねいているわけではないのです。
繁忙期に備えてスタッフを増員したり回る件数を調整したりするのですが、日によってはそれ以上の予約が入ります。
そんなときは引越しの依頼を断らざる得ません。

 

マットレスだけを運びたい方ももし時期にこだわりがないなら、繁忙期は避けてください。

 

ですから引越しする方も繁忙期は早めに見積もりを取って、契約しておかなければなりません。
安くてサービスの良い引越し業者からどんどん埋まります。

 

見積もりのタイミングとしては、新居の住所がわかったらすぐがオススメです。
繁忙期の引越しは通常期よりも費用が高めになりますが、早めの準備で少しでもお安くすることはできます。
頑張ってくださいね。

 

 

引越しの手順

 

引越しにはいろいろな作業がありますが、だいたいの手順が分かっていれば余裕をもって作業できます。
焦らないように先にどんな作業があるか確認してください。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

いろいろとすることがありますね。
しかし、時期がずれて作業するので一度にすることはそんなにないのです。

 

それでは一項目ずつ見て行きましょう。

 

引越し業者に見積もりをするのは、新居が決まってからがオススメです。
引越し業者は早く決めてしまいたいところですが、エレベーターの有無などの新居の情報も引越し費用に関係するので、その前に見積もりを取っても正確な金額は算出できないのです。
当日追加料金が発生するようなトラブルは避けたいですね。ですから、新居が決まったらすぐに見積もりを取る手配をしましょう。

 

そして新居に持って行く荷物は出来るだけ減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるからです。
無駄に引越し費用が高くなるので、あげる・売る、捨てるなどして処分しておいてくださいね。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を提出しましょう。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。

 

電気・ガス・水道は引越しする日まで現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割り精算してくれます。精算方法は会社によって異なるので確認してください。
市内引越しであれば、新居の電気・ガス・水道を〇日から使えるようにしたいと一緒に連絡しておきましょう。

 

郵便物が新居に届かないのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれます。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは保険があったとしても元に戻せないものもあるので、自分で運んでくださいね。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届を提出します。
2週間以内に行ってくださいね。選挙や税金など大事なお知らせが届かないといけませんので、早めに行ってくださいね。

 

荷解きはゆっくり行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など大事な書類の住所変更を行います。
免許証などは身分証になりますので早めに警察署に行きましょう。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。

 

 

引越し費用を安くしたいなら条件の見直しをしてみましょう。

 

引越し安くしたい

 

引っ越し費用は結構高くなります。
少しでも安くしたいけど、具体的にどうすればいいかわからないものです。

 

まずはとにかく荷物を減らしましょう。捨てるものは捨て、売れるものは売り、あげられるものはあげてください。
不用品を運ぶのにも費用がかかるので、引越し前に断捨離してくださいね。

 

さらに3月は繁忙期なので、なにをせずとも1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
この時期に引越しは避けたほうがいいです。

 

どうしても繁忙期を避けられないなら、新居が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って、一番良いところと契約しておきましょう。
準備が遅くなるほど安くて良い業者は予約が埋まり、高い業者しか残らない傾向があります。

 

土・日・祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであれば断然平日がオススメです。

 

時間で言うと午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。
混載便は同じ方面への荷物が集まるのに時間がかかる場合があるので、急ぎのものは自分で運びましょう。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越し業者のオプション

 

青梅 引越し オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものです。
ではこの「オプション費用」とはどんなもののことなのでしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

賃貸物件ではエアコンなしの物件も多く、エアコンは自分で購入して取り付ける人もいます。
引越しの際には自分で買ったエアコンを持って行きたいと思うのは当然です。

 

しかし引越し前に自分で電器屋に来てもらって取り外してもらい、新居でももう一度来てもらって取り付けてもらいます。
2回手配しないといけないので面倒ですね。
しかし引越し業者のオプションで申し込んでおけば1度で済むので手間がかかりませんね。

 

さて引越し日には旧居と新居、2カ所とも掃除をする必要があります。
1か所だけでも大変なのに、2カ所。
時間がない、妊婦である、小さい子がいる方などは、オプションのハウスクリーニングを依頼してみるのもいいかと思います。

 

車なんて自分で運べばいいと思われるかもしれませんが、出来ない人もいます。
長距離運転になる場合は、忙しくて時間がない、運転の自信がない、そして体力がない方もいます。
長距離の車の移動が必要な方には、車の陸送がオススメです。

 

 

 

 

食器棚 引越し ダブルベッド 引越し たんす 配送